肌荒れの赤みの原因はなに?即効で治す方法はある?

肌荒れの治し方

女性にとってお肌への悩みはつきませんよね。

特に肌トラブルに悩まされている人は多いのではないでしょうか?

 

顔の肌荒れは毎日化粧をして見た目に気を使っている女性にとっては致命的ですよね。

そこで今回は肌荒れの赤みの原因は何なのか、また、即効で治す方法はあるのかについて紹介したいと思います!

肌荒れの赤みの原因は?

肌荒れといってもニキビやヘルペスなどの吹き出物が出来る場合や赤みが出たりヒリヒリする場合など症状は人によってさまざまです。

では肌荒れの赤みの原因は一体何なのでしょうか?

 

肌荒れの原因として考えられるのが「乾燥」・「炎症」のどちらかです。

普段から保湿をしっかりと行っていないと肌が乾燥してしまうのでこういった肌トラブルに悩まされることになります。

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまい、通常の肌の状態をキープできなくなってしまうのです。

そうなると、肌が荒れてしまいます。

 

つまり、肌荒れ時に起こる赤いプツプツの原因のほとんどが肌の乾燥なんです。

ちなみに、ニキビなどは肌が炎症を起こしていることが原因です!

赤みはどうやって治す?

肌荒れで赤みが出てしまったけど、どうにかしてすぐに治したい…!!と思う人もいますよね。

肌荒れで赤みが出てしまった場合は、乾燥が原因なので乾燥を改善する必要があります。

 

すぐに効く薬が欲しいという人もいるかとは思いますが、まずは薬よりも保湿です!!

しっかりとお肌を保湿してあげることで乾燥肌を改善することができるのです。

 

化粧水やローションなど保湿成分のあるものを使用するといいですね!

他にもワセリンも保湿成分が含まれていますしお値段もお手ごろなのでおすすめです。

炎症の対処法

では、炎症が原因の場合どのように対処すればいいのでしょうか?

ニキビができて赤みをおびているという経験がある人も多くいますよね。

 

ニキビなどの赤みの場合は、ステロイド剤を患部に塗るといいでしょう。

ステロイド剤は即効性があるので早く治したい!と即効性を求める人におすすめですよ!

どうしても赤みが治らない場合は

しっかりと保湿したのに治らない、塗り薬を塗っても治らない…そういった場合はどうすればいいのでしょうか??

そもそも肌荒れは、普段の生活習慣も関係しています。

 

不規則な生活を続けていると治るものも治らなくなってしまいます。

食事や睡眠など規則正しい生活をしていますか?

 

それらを見直しても治らないのであれば、皮膚疾患の可能性もあります。

皮膚疾患が疑われる場合は、症状が悪化する前に早めに皮膚科を受診してくださいね!

肌荒れの赤みの原因はなに?即効で治す方法はある?まとめ

  • 肌荒れの赤みの原因は「乾燥」・「炎症」のどちらか
  • 乾燥が原因の場合は保湿をしっかりする
  • 炎症が原因の場合はステロイド剤がオススメ
  • 生活習慣を見直すことも大事

女性にとって肌荒れはすぐに治したいものですよね。

しかし、生活習慣が乱れてしまっていたりエイジングケアを怠っていると肌荒れの原因になってしまいます。

 

肌荒れで赤みが出る原因は乾燥か炎症どちらかが考えられます。

乾燥が原因の場合の解決策はなんといってもしっかり保湿をすることです。

 

肌荒れしている、していないに関係なく日頃からお肌の保湿は行うようにしてくださいね!

また化粧水を選ぶときは自分のお肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

保湿することでお肌の乾燥を改善することができます。

また、炎症の場合は即効性のあるステロイド剤を使うといいでしょう。

 

しかし、使いすぎには注意が必要ですよ♪

オロナイン軟膏も炎症や細菌感染を予防することができるのでおすすめです。

 

肌荒れの赤いプツプツの原因を知って日頃からケアをきちんとしましょう!